忍者ブログ

白鳥茶坊企画

暇つぶしに始めるバーチャル珈琲専門店 (飲み屋のほうがもうかるかなー) 般若心経・マイルスミュージック・コルトレーンサウンドが大好きです。 信仰、瞑想、妄想の日々の日記をつづります。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第4回白鳥茶坊開店準備委員会開催通知兼議事録

開催日時:平成24年9月12日(木)
議題:2階床構造と費用について

2階の平面図は、概略こんな感じです。

実際に床の造作を実施する方法は、これから決めるわけですが、
費用がどれくらいかかるかという問題もあるので、
概略検討しておきたいと思います。
実際には、床だけでなく壁と天井も何らかの仕上げが必要になると予想されますが
まあ、壁と天井は軽量金物で下地組をしたうえで、タイガーボードを貼るというのが
費用的に一番安そうです・・・(結構工事は難しいらしい)

床構造ですが、足を使った二重床構造が第一候補です。

RCコンクリート床なので、
人が飛び跳ねたときの重量床衝撃音は、簡単には防止できないので
半ばあきらめるということになります。
床システムとしてみると、コンクリート床に直貼りではなく、
一応、足を使って20mmパーチクル合板で不陸矯正したうえに
12mm針葉樹合板を貼り、その上にリノリュームを貼って仕上げるので、
そこそこの本格的な床構造ではあります。

足は110mm浮かすつもりなので、これを311個調達
311個×309円=9.6万円≒10万円

ボンドはこれを使用すると、
足1個に70g必要とのことなので、3kgを7箱で
3600円×7箱=2万5200円≒3万円かかるかなあ・・・

パーティクルボードは、600×1820×20mm厚が1枚990円とのことで
10枚単位での販売なので、
使用枚数68枚→70枚購入×990円=89100円≒9万円
12mm針葉樹合板は、46枚×980円=45080円≒5万円
釘が1万円
総合計で28万円で床下地を作るということになります。
この上にリノリュームを貼ろうとすると、前回議論したように
更に材料だけで50万円。工事費用は見当もつかん・・・・

本日の成果:床下地費用 30万円(くらい)かかる
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[01/23 たかはし]

プロフィール

HN:
店長候補
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター